VN流マーケティングのアレコレ

SEO対策や広告、営業手法まで。集客するためのノウハウを書いてます。ベンチャーネットのコンサル責任者が頑張って書いてます(笑)

新型コロナウイルスから子供を守る為に習志野市立の小中学校は休校してほしい「命守るために学校を一斉休校に」

また私事で恐縮ですが、私が住んでいる習志野市のコロナの影響を考えた上での習志野市立小中学校の一斉休校をお願いしたいと思い、この記事を書いています。

 

習志野市にも新型コロナウイルスは感染者がいる

 

習志野市は実は新型コロナウィルスに感染された方が2名いらっしゃいます。勿論、この方達にどうこうはありませんが。色々な専門家の方が言っていますが、この2名はたかが2名ではないのです。今後、爆発的に増える可能性がある。だからこその3月の休校指示だったのではないか?と私は思います。

 

ちなみに習志野市の新型コロナウィルスの感染者は

 

http://www.pref.chiba.lg.jp/shippei/press/2019/ncov20200327.html

 

  • 年齢:40代
  • 性別:男性
  • 居住地:習志野市
  • 症状、経過:
    3月19日:微熱が出現。
    3月21日:県内医療機関D を受診。
    3月26日:症状が継続し県内医療機関E を受診。検体採取(鼻咽頭ぬぐい液)。検査の結果、陽性と判明。県内医療機関F に入院。 
  • 行動歴:発症前2 週間以内に海外渡航歴はなく、肺炎患者との明確な接触も確認されていない。
  • 職業:会社員
  • 濃厚接触者への対応:他自治体を含む保健所による健康観察を実施予定。

 

http://www.pref.chiba.lg.jp/shippei/press/2019/ncov20200329-1.html

 

  • 年齢:50代
  • 性別:男性
  • 居住地:習志野市
  • 症状、経過:
    3月23日:発熱(39.0℃)、咳、鼻汁が出現。
    3月24日:県内医療機関Aを受診。
    3月27日:県内医療機関Bを受診。検体採取(鼻咽頭ぬぐい液)。
    3月28日:検査の結果、陽性と判明。
    3月29日:県内医療機関Cに入院。
  • 行動歴:発症前2週間以内に海外渡航歴はない。東京都で確認された患者の濃厚接触者(3月20日)。
  • 職業:会社員
  • 濃厚接触者への対応:他自治体を含む保健所による健康観察を実施予定。

 

になります。

 

宮本泰介習志野市長のコロナの見解に対する意見

 

そして、3月から始まった休校を経て、現在色々な市区町村で新型コロナウィルスは猛威を振るっています。これらのことを見てみても、3月の休校の判断は正しかった。と私は思います。

 

3月2日の宮本泰介習志野市長の動画がUPされているんですが、この動画の02:10で市長自身がおっしゃっていますが、集団が形成される場所へは行かないように、と警鐘しています。

 

youtu.be

 

集団が形成される場所、イベントなどの人が集まる場所。その最たるものが小中学校とも言えると思います。学校の教室内でどんなに距離を置いても意味がないです。机を話しても1mも離れません。教室の大きさ的に無意味です。

 

そして、休校明けの我が子たち。できれば友達と楽しく触れ合ってほしい。そう思う親御さんは多いハズです。勉学などは各家庭で見ればいい。でも、友達との付き合い、集団行動。これらのことを学ぶ為に、学校に行っているはずです。

 

その大前提であるふれあいができない状態での、休校は延期せず、学校を再開。どう考えても無意味だと思います。感染に怯えながら授業を受けている我が子を想像するだけで苦しいです。

 

コロナの影響で大人は自粛、子供は学校再開の矛盾

 

大人達の勤務はテレワークであったり、自宅待機であったり、要は自宅にいるようになっています。もちろん、外食や外遊びも自粛なので、大人は家からでないよう、国から要請されそれを守っている状態です。

 

その中で、なぜ子供達だけ学校が再開するんでしょうか?

 

新型コロナウイルスは子供には感染しないんでしょうか?

 

その確証があるならば多少は許せますが、確証ないですよね?%が低いという以外は。そして学校には大人がいます。先生たちです。

 

先生たちも気が気じゃないと思います。親戚に1人先生をやっている子がいますが、真面目に毎日学校に行って子供達のことを考えているそうです。素晴らしい!と思う反面、先生も僕らと同じ大人です。コロナウイルスに感染する可能性は高いのではないでしょうか?※先生たちには敬意というか感謝です。そこはお間違いないように。

 

その先生たちと近い距離で話すことになる子供達。むしろ距離を取られてしまったらそれはそれで寂しいでしょうし。

 

もはや学校を今(習志野市は4月6日)再開するメリットってありますかね?せっかくここまで休校にしてきたのに。そしてこれからオーバーシュートするかもしれないのに。理解に苦しみます。

 

習志野市立の小中学校は4月6日から

 

他の市区町村では、5月7日から開始の地域が出てきています。大型連休後、事態が鎮静化しているのであれば再開。私はこの判断は賢明であり、是非習志野市もそうしてもらいたいと思っていました。

 

ですが、本日。

  • 4月6日に始業式をやります。
  • 時間差登校します。
  • 学校では距離を取るよう工夫します。

という旨のメールが届きました。非常に残念です。

 

それで新型コロナウイルスの感染を防げるんですか?バカにしてるんですか?

 

と、まず強く思いました。

 

そんなんで感染を防げるなら世界中こんなことになってないハズです。新型コロナウイルスはそんな甘くないよ。子供だから大丈夫...そんなワケない。専門家で偉そうに子供は大丈夫!と言ってる人もいるみたいですが、未知のウイルスだからこうなってしまっているわけで。学会で発表できるものでもないでしょ?と。

 

勿論、学校が始まらないと生活が大変。家庭が大変。というご家庭もあると思います。ですが、命をかけてまで4月6日から子供を登校させたいですか?命がけですよ。

 

大人は避けてる集団行動の場に、子供を送り込むんですから。しかも、医療的にはど素人の先生や学校に任せる。どう考えても納得できませんし、大人は自粛の中、子供だけ学校にいかせる矛盾を解ける人はいるんでしょうか。

 

 習志野市立の小中学校は5月7日までまずは休校にしてほしい

 

習志野市の対応がどうあれ、個人的には子供は休ませようか?と思っていますが。※ちなみに小学生です。この場合、子供が受ける影響を考えると安易には。勿論、命には代えられませんので、ほぼ決意は固まっています。それでも・・・

 

学校を休ませた場合、「なんで○○ちゃんは学校来てないの?」という話題になる可能性もあると思っています。その理由で、先生は恐らく「風邪」や「家庭の都合」ということになるでしょう。政治的な指示がないで休むと個々が疑われてしまう可能性があるかと。

 

子供も新学期は楽しみにしています。「早く友達に会いたい」とも。ですが、それを親が説得しないといけない。その苦労を考えるだけで眠れないくらいの心労、負担です。

 

医療関係者の方など、最小限度のカバーができるよう学童などは開いた上で、習志野市の学校再開は延期にして頂きたい、休校にして頂きたい。強くそう思いここまで書かせて頂きました。

 

他の知事・市長の方は、最近はSNSで情報を発信されていますが。千葉県知事・習志野市長。共にSNSでの発信はできず、直接何かをいう場もないですよね。本当にそういうところが良くないと思います。

 

習志野市の市役所の方あたりにこのブログが目に入り、何かしらの意見をして頂き、学校休校へなんとかつながってほしいと願うばかりです。