VN流マーケティングのアレコレ

SEO対策や広告、営業手法まで。集客するためのノウハウを書いてます。ベンチャーネットのコンサル責任者が頑張って書いてます(笑)

キーワードを狙ってみよう!アフィリエイトkwsk

アフィリエイトkwskの第三回目です。

marketing.venture-net.co.jp

 

の続きです。

 

 

5.ある程度記事が入ったら今度はキーワードを狙います

前述したようにある程度、単語が多めの設定で最初は書いたのち、フェッチ後、キャッシュされ5語程度で上位表示されることになれたら、次は3語程度を狙った記事を書きます。

 

5.1 5語のキーワードのページから3語のキーワードを狙う。

 

ここの3語狙いの記事は、とにかくボリュームを5000文字以上にしてみましょう。

 

その上で、記事が出来上がったら、Googleのアナリティクスにてアクセスが来ているページを確認した後、そのページ内から、3語の記事へ内部リンクを送りましょう。

 

最後にフェッチを掛けて様子を見ます。

 

順位を確認した後、20位~50位に来ていれば、最高の位置です。

 

この位置まで来たらやることは1つです。とにかく追記をしましょう。3語に基づいてとにかく記事を書き、大体1000文字ずつ追加していきます。順位が徐々に上がっていくのが見えるハズです。

 

1位に張り付くまでやり続けます。1万字~2万字程度でなる可能性が高いです。

 

最初の段階で、ほぼライバルのいない業種を選んでいるんです。その上で、上級者が有名キーワードでやっている施策をぶつけているわけなので、負けることはないと思います。

 

また。1つのテクニックとして、5語のキーワードの中に3語のキーワードの記事内に含まれるキーワードを入れておきましょう。

 

5.2 例として3語から1語。【中級者】

 

ここでわかりにくいと思うので、1つ例を出します。

 

hippopotamus-blog.net

 

こちらのブログは弊社の担当が書いているブログです。そして、前述した「5語と3語」ではなく、「3語と1語」の関係です。これはひぽぽたますの管理者自身が長きにわたりSEO対策やアフィリエイト等を行っているので、5語を狙うのではなく、3語から入っただけです。初心者でなければこのように単語数を多めに区切っても大丈夫だと思います。

 

この記事内の中で現在上位表示を目指してる記事があります。

 

hippopotamus-blog.net

 

この記事です。AFFINGER(アフィンガー)というワードプレスのテンプレートを推奨しているブログです。

 

記事的には5000文字程度でしょうか?最近、新しいバージョンが出た為、追記をしましたが、現在(※2018年5月6日)のところ。

 

AFFINGER = 9位

アフィンガー = 21位

 

となっています。これは徐々に上がってきているので、是非順位動向見てみてください。話を戻します。

 

「1つのテクニックとして、5語のキーワードの中に3語のキーワードの記事内に含まれるキーワードを入れておきましょう。」

 

こちらの真意は、入れることによって内部リンクが張りやすくなります。

 

例に出した、ひぽぽたますではアフィンガーにてサイト内検索を掛けると、8件の記事が入ってきます。これらの中で、アクセスが来ていそうな記事を見てみてください。

 

全てにおいて「AFFINGER(アフィンガー)」の記事へと内部リンクがされています。

 

こちら経過と対応を時系列でみてみると、ホント綺麗に順位UPしていくのがわかります。

次回、この続きとして「内部リンク」の重要性を解説します。